· 

①浮気をしても、不倫相手に別れを切り出されないと思っているめでたい男たち。

 

 

少しでも、あなたのその心の光になればいいのにな。何か役に立てればいいな。と思って、こうして毎日アメブロやホームページのコラムにブログで配信させていただいてるよ。

 

 

さてさて・・・1つのキーワードの相談があると、立て続けに同じワードの相談が続く私のジンクス。

 

 

最近のキーワードは、ダブル不倫 不倫恋愛の彼の浮気。

 

頭にくることに、彼って自分の浮気は許されると思ってるのね。

私たち女性にとって、愛する人の浮気は「この世の終わり。」を意味する位なものなのに。

 

私は、浮気されたら、どんなに愛していても切り捨てる。

これ、みんなわかってるよね。

共に生きよう。と思った男でもすっぱり切り捨てたのはこの私。

 

愛してなかったの?ってよく聞かれるけど

いいえ。アイシテタわ。

彼の会社がコロナの影響で倒産しかけた時私は

「だったら、私の収入でこれからは生活していき、あなたの収入は全部貯金に回しましょう。」

「そして次に、この世の中がコロナの影響のような大惨事になった時には、そのお金で何も心配することなく乗り切れるように人生設計を立て直してこうよ。」

そう彼に言ったんだよ。

 

もちろん彼は、「そんな事はできない。会社を立て直すまで待っててくれ。」と言ったけどね。

 

これまでの彼との付き合いは、まるでバブル世代か??

的な、付き合い方だったのね。

 

それこそ、ランボルギーニやロールスロイスとかでお迎えに来て。

高級ホテルでうん万円もするディナーを食べて。
会員制のホテルに泊まり、次の日の昼はまた五つ星ホテルでお昼からうん万円のランチを食べてみたいな。

 

私、別にそんなこと望んでなかったんだけど。

それが、彼のステータスだったのね。

 

何が食べたいってよく聞かれたな。

私ね、ラーメンが好きなの。だから「ラーメンが食べたい。」って言うとね、「そんなこと言うなよ。」てすごい嫌な顔して言われるのいつも。

 

だから、あたのステータスかもしれないけれどこれからはそういう付き合い方を見直して。
贅沢は、特別な時だけでいいし。
それこそ、普段の時は私のおいしいのかおいしくないのか、わからないような手作りご飯食べればいいじゃん?て言ったんだけど。

車だって別に、軽自動車だってなんだっていいじゃん。

私も車が好きで、何台もBMWとかのスポーツカーにずっと乗ってたのね。

だから、彼のこだわりにもよく理解できたんだけど。

車なんか、また買えるようになったらいい車に乗ればいいだけのことじゃない?

 

ここでね、彼と私のさまざまな価値観の違いがわかったのね。

どこまで、妥協し合い価値観をすり合わせれるかの日々だった。

私の経験談が、必要なLOVESTさんに話したことがある話になるけど、

結局、彼は致命的な嘘を私についていたの。

これ浮気じゃないけど、 私にとっては浮気された以上の裏切り。

それに気づいた私は、すっぱり彼の事は切り捨てた。

 

最後はね、第三者が入ったのね。

あの人が、会って話をしたいって言ったけど断ったの。
顔を合わせてしまえば、許してしまい、このままそばにいて欲しい。って言ってしまう自分がいるのがわかってたから。
第三者を使って無理矢理な感じで別れたわけ。

 

あれから、数年経つけど。今でも時々。思い出すことがあるな。

 

男は馬鹿だから、愛してるなら許してもらえるだろう。なんて思って大きな勘違いするのね。

 

そのことについて、男性諸君は耳が痛いだろうけど。

あなたたちの、その知られたくない「革新的」なところ洗いざらい書かせてもらうよ。笑

続きは、またね!!